権利侵害に関する動画投稿ガイドライン

1.はじめに

現在、「ニコニコ動画」をはじめとする動画投稿サイトに動画をアップロードすることにより、個人の利用者がインターネット上にアップロードした動画を、多くの人に視聴してもらうことのできる環境が整っています。
このような動画投稿サイトに動画をアップロードする際には、守らなくてはいけない様々なルールが存在します。全ての利用者が守るべきルールを守り、適切な動画投稿サイトの利用を行っている場合には問題が発生することはありません。
ただし、利用者がアップロードしてはいけない動画をアップロードしてしまった場合や、他人の権利を侵害する内容を含んだ動画をアップロードしていた場合、動画をアップロードした利用者の行為は、他人の権利を侵害する行為になってしまいます。
このような権利侵害行為が発生すると、権利を侵害された被害者(権利者)には様々な損害が発生することになり、動画のアップロードをした人は加害者として法的責任を負うことになります。
このため、動画投稿サイトを利用する際には、利用者一人一人がルールをきちんと守ることを意識し、自分が動画をアップロードすることによって他人の権利を侵害することがないのか、正しい知識に基づいて確認していくことが求められます。
動画のアップロードに関係する様々な権利についての知識を正しく身につけ、動画投稿サイトを正しく利用するようにしましょう。

※本ガイドラインは著作権等について専門的な知識をお持ちでない方を対象として「ニコニコ動画」を正しく利用していただくために作成したものです。最低限知っておいていただきたい事柄を簡略かつ平易に解説することを目的としておりますので、法令等の記載と異なる表現をしている部分や一部省略して記載している部分があります。あらかじめご了承いただきますようお願い申し上げます。