権利侵害に関する動画投稿ガイドライン

3.肖像権を侵害してはいけません

肖像権とは、自分の顔や姿を無断で写真・絵画・動画などに写しとられたり,それを展示されたりすることを拒否する権利のことをいいます。
人の顔や姿をその人の承諾なく勝手に撮影することや、撮影した動画などをインターネット上にアップロードすることは、肖像権を侵害する行為となります。映っている顔や姿がその一部であったり、背景として映り込んでいる場合であっても、その動画を見た人が映っている人物を特定できるような状況である場合には、肖像権を侵害する動画と判断されます。
自分の知らないところで、顔や姿が撮影された動画などが動画投稿サイトにアップロードされてしまうと、映っている人やその周囲の人が様々な被害を受けることになってしまう可能性があります。動画投稿サイトに投稿するための動画を撮影する場合や動画を動画投稿サイトにアップロードする場合には、その動画が他人の肖像権を侵害しないように、十分に気をつけましょう。


動画投稿サイトに動画をアップロードする際のチェック項目

  • 動画に映っている人から、動画を撮影することの承諾を得ていますか?
  • 動画に映っている人から、撮影した動画を動画投稿サイトにアップロードすることについて承諾を得ていますか?