出場者

FinalRound シード棋士

佐藤慎一 四段
with ponanza(ver. 2013)

電王戦タッグマッチ ディフェンディングチャンピオン。第2回電王戦に出場するも現役棋士として初めてコンピュータに敗れた。日本将棋連盟の子供スクールの講師をしており、子供に好かれる一面もある。

久保利明 九段
with 習甦

振り飛車御三家のひとり。駒の軽い捌きを常に重視する棋風から「捌きのアーティスト」の異名を持つ。形勢が不利になってからの粘りにも定評がある。2010年5度目の挑戦でついに羽生の壁を越え関西所属棋士としては谷川浩司以来5年半ぶりとなる二冠王となった。

1st Round Aブロック

屋敷伸之 九段
with ponanza

居飛車、振り飛車をともに指しこなすオールラウンドプレイヤー。17歳でタイトル挑戦最年少記録。翌年、タイトル獲得の最年少記録を更新。第3回電王戦は大将として出場。

森下卓 九段
with ツツカナ

森下システムを考案し、居飛車党の正統派棋士。非常に礼儀正しいことから「律儀先生」と呼ばれる。また、若手時代に合計6回タイトル挑戦者になったが、一度もタイトル奪取できず「無冠の帝王」と呼ばれた。第3回電王戦は副将として出場。座右の名は「淡々」から「情熱」へ変化。

加藤一二三 九段
with やねうら王

史上最年少14歳7ヶ月でプロ棋士になり、数々の大記録を打ち立てた棋界のレジェンドの一人。74歳の現在も長丁場を戦うプロ棋士。ファンからは「ひふみん」との愛称で呼ばれている、戦前生まれ唯一の名人経験者最後の棋士。

高橋道雄 九段
with YSS

相矢倉が得意で、全ての駒を働かせる将棋を好む重厚・沈着な棋風。無口のような印象があることなどから、名前の略称「たかみち」にかけて「地道高道」と呼ばれている。AKB48の大ファンであり、漫画・アニメなどのサブカルチャーから英会話、テニスまで幅広い趣味を持つ。

中村太地 六段
with 習甦

(故)米長邦雄永世棋聖門下であり、次世代を担うイケメン棋士。相矢倉や角換わりなども多用する居飛車党へ変貌を遂げた。棋士初のニュース番組にレギュラー出演する棋士であり、第1回電王戦ではソフト側代指しを務めた。

1st Round Bブロック

佐藤紳哉 六段
with やねうら王

居飛車党で序盤から長考する序盤重視の棋風。頭髪に特徴があり、カツラネタ・コスプレで解説を行う自称「歌って踊れるアイドル棋士」。SSF(サトウ・シンヤ・ファミリーの略)のリーダーでもある。第3回電王戦出場棋士。

菅井竜也 五段
with 習甦

振り飛車党で、捌きを重視する棋風。幼少からインターネット将棋で、力を付けてきた棋士。第3回電王戦出場棋士であり、電王戦リベンジマッチ激闘23時間でも習甦と対戦。

西尾明 六段
with ponanza

攻守にバランスの取れた棋風の持ち主。動画配信サイトによるタイトル戦中継の先駆者。趣味の一つにギターがあり、日本将棋連盟モバイルのCM曲を作曲・演奏をしている。

船江恒平 五段
with ツツカナ

「詰みがある局面では詰まし、最短の勝ちを狙う」と語る勝負強い棋士。また詰将棋でも有名であり、詰将棋解答選手権で優勝。第2回電王戦に出場するも惜しくも敗戦したが、電王戦リベンジマッチでは勝利を収めた。

阿部光瑠 四段
with YSS

「ヒカルの碁」を読み、囲碁棋士を目指すが、ルールが分からず将棋棋士になる。得意戦法は居飛車だが、振り飛車も指せるオールラウンドプレイヤー。第2回電王戦では角換わりの戦型から無理気味の攻めを巧みに誘って優勢に立ち勝利を収めた。趣味はボーカロイド音楽。

出場コンピュータ

ponanza

開発者:山本一成。第1回将棋電王トーナメントで優勝し、初代電王になる。第2回電王戦では佐藤慎一四段に勝利し、現役プロ棋士に公の場で勝った史上初の将棋ソフト。電王戦タッグマッチでは佐藤慎一四段とタッグを組み、優勝した。

ツツカナ

開発者:一丸貴則、ニコ生ユーザーから「妖精」などと言われ愛されている。第1回将棋電王トーナメントで準優勝。第2回電王戦では船江恒平五段に勝利。第3回電王戦にも出場し森下卓九段に勝利。特徴として、読みの方針が比較的人間に近いことが挙げられる。

やねうら王

開発者:BM98の作者としても知られる磯崎元洋。第3回電王戦では佐藤紳哉六段に勝利。軽さ・速さを重視し、世界最速の指し手生成ルーチンを搭載し、超軽量の評価関数を使用。他にも、やね裏定跡、やね裏学習メソッドなど様々なアイデアが盛り込まれている。

YSS

開発者:山下宏。1991年からコンピュータ将棋選手権に参加する古参の強豪。第三回電王戦では豊島将之七段に敗れ、唯一プロ棋士に勝利出来なかった。非常に粘り強い受けの棋風を持つ個性的なソフト。

習甦

開発者:竹内章。第2回電王戦では阿部光瑠四段に敗れたが、第3回電王戦では菅井竜也五段に勝利し、雪辱を果たした。第3回電王戦MVPを獲得。菅井五段と竹内氏は対局終了後も交流が続いている。

ページトップ