電王戦×TOYOTA リアル車将棋

棋士・出場車種

羽生 善治 名人 勝
豊島 将之 七段 負
過去の名車
現行車

王将

トヨペット クラウン(2代目)

1962年発売。あらゆる意味において国産車のモータリゼーションの出発点であり、日本の自動車業界へも大きな自信を与えた『トヨペット クラウン』の2代目。「トヨペット」は、一般公募から決定。「クラウン」は、英語で「王冠」という意味。

王将

クラウン アスリート

初代クラウンが誕生したの1955年。以来トヨタ車の最上級モデルを走り続ける名実ともにクルマの王者。トヨタのReBORNを象徴する車であり、まさに王としての風格を持つ。

候補車種はこちら>

飛車

カローラ レビン(AE86)

1983年発売。「カローラレビン」の4代目で、FR(後輪駆動)の走行特性を好むファンに支持され、今もなお「ハチロク」の名で人気を博している。「カローラ」は英語で『花の冠』、「レビン」は英語で『稲妻』という意味。

飛車

86

ジャパンテクノロジーの粋を集めた至高の一台。華があり攻撃のかなめとなる、飛車に相応しい現代のスポーツカー。

候補車種はこちら>

角行

ランドクルーザー(40系)

1960年発売。ランドクルーザーの3代目で、信頼性の高いクロスカントリー車として海外でも高く評価され、世界中で愛用。「ヨンマル」「forty」と呼ばれた。英語の「Land(陸)」と「Cruiser(巡洋艦)」を合成した名前で、「陸の巡洋艦」という意味。

角行

MIRAI

水素を酸素と化学反応させて自らが発電して走る、環境性能と走る楽しさをあわせ持った、モビリティの新しい幕開けを告げるクルマ。

候補車種はこちら>

金将

プリウス(初代)

1997年発売。ハイブリッドシステムを採用した世界初の量産車で、化石燃料依存から脱しようとする21世紀のクルマ像の先駆け。「97年ニューカーオブザ イヤー」「97~98年 日本カーオブザイヤー」受賞。ラテン語で「~に先駆けて、~に先立って」という意味。

金将

プリウス

世界初の量産ハイブリット車。日本をはじめ北米を中心に世界で40以上の国、地域で販売。「圧倒的な環境性能」と「走る楽しさ」をより高いレベルで両立。

候補車種はこちら>

銀将

アルテッツァ

1998年発売。日本では、しばらく途絶えていた後輪駆動スポーツセダンで、「操り、走る」心地よさを堪能できるクルマとして開発され、人気を博した。イタリア語で「高貴」の意味。

銀将

ハリアー

ラグジュアリーSUVのパイオニア、ハリアー。WILDに荒野でもFORMALに都会でもあらゆる場所に攻められる

候補車種はこちら>

桂馬

bB

2000年発売。「ヴィッツ」のプラットフォームを使ったMPVタイプ小型乗用車で、使い勝手の良さから広い世代に支持された。無限に拡がる未知の可能性をイメージする「ブラックボックス」から「bB」と名づけられた。

桂馬

iQ

従来のサイズの概念を打破した超小型ボディに卓越した性能を凝縮し高い質感を備えた、マイクロプレミアムカー。

候補車種はこちら>

香車

MR-S

1999年発売。「MR2」の3代目に相当するモデルで、2シーター・オープンタイプの軽量スポーツカー。日本国内向けは車名を「MR-S」と改めた(海外向けは「MR2」を継続)。「Midship Runabout-Sports」=「ミッドシップ方式の小型車」の意味。

香車

カローラ アクシオ

日本においてもっとも普及した乗用車シリーズの一つ。その地道で愚直で徹底的なクルマ作りはまさにトヨタスタイルを突き進む。

候補車種はこちら>

歩兵

ヴィッツ(初代)

1999年発売。21世紀の世界で通用するミニマムサイズのコンパクトカー像を追求し、誕生した自動車で、日本のみならず、ヨーロッパでも大ヒット。2000年には「ヨーロッパ カーオブザイヤー」受賞。「99~00年 日本カーオブザイヤー」の受賞と併せてダブルタイトルを獲得。ドイツ語の「WITZ(才気、機知)」から作られた言葉。

Vitz

4つのグレードと17色のカラーバリエーションで、誰をもハッピーな気持ちにしてくれる存在『Vitz』。軽やかな走りの良いフットワークで、TOYOTAを代表するコンパクトカーとして君臨し続ける。

候補車種はこちら>